下記のバナーは当サイトを含むランキングページにリンクしています。

ぜひぜひ応援してくださいね!

suponsor

2017年01月06日

気になるあの子の冬バージョン。何度目だろう

気になるあの子のさむーい冬を過ごす格好は、生肌の露出の多い夏よりもなぜかそそるものがあります。


なんせ「気になる」ので。耳かけをして鼻を赤くして歩いてくる姿は全裸で抱きしめてあげたくなるような。そして

「うわっ!冷たいっ!」

って突き離して、寒空の中衣服をガバガバとはぎ取り・・・


いけない!妄想タイムには早すぎる時間。


先日、コメントを頂いた事からいろいろと考えました。
無題.png

決して、気になるあの子とどうにかなろうなんて、「あわよくば」を除いて考えていないのですが、特別にはなりたいなぁとか・・・。


昨年度から直属の上司ではなくなり、自分的には立て掛けていたすりガラスを取り払ったような気分だったのですが、ある話を聞いてしまいました。


それは、自分の部下であり「誰にでもお構いなくバンバン言うやつ」が、その性格から気になるあの子の、ある言葉を聞いたというもの。それは


「あのさぁ、最近I君さぁメールの時だけ”ちゃん”付けしてくるんだけど、なれなれしくて嫌なんだけど、なんなの!」


という言葉。そんな事を言っていたらしい。


I君とは、これもまた直下の部下であり、なにかと気になるあの子と接点を持とうとするやつ。以前の抹茶ラテ事件の時の当事者だ。


ざまぁみなさい!そう思ったのもつかの間。と、他人には言っておきながら、実は嬉しくて仕方がなくしゃべっちゃうパターンなんではないかと。I君とどうにかなりたい!なんて願望を持っているのじゃないだろうか?


そう思ってしまうと・・・なんだか、気になるあの子に冷たく接したくなる。


どうした自分?そんなもんじゃぁないだろう・・・



またやってくるバレンタイン。今からでは遅いだろう。誰とも違う特別な「義理チョコ」を頂くべく自分を鍛えるんじゃなかったのか?


もう少し・・・無駄な努力してみます
無題.png





posted by 奥手な男 at 20:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月03日

「午後の紅茶」新商品はドトールとキリンのコラボだった!

紅茶関係の新商品。これはチャンス到来か?

午後の紅茶 ザ・ドリップティー ダージリン ディンブラ 20P

新品価格
¥999から
(2016/12/3 07:46時点)




この話題で「気になるあの子」に話しかけました。


「ドトールと午後の紅茶のコラボでドリップティーが出るみたいだよ」


「え?なになに?新商品?えー調べてみる!」


「通販だけみたいだけどね」


「そうなんだ!課長買うの?じゃ私の分も!」


「よし!2個ね!」


小遣いに余裕もないのに買えるわけがない。しかし、女子はこういう話って意外と覚えていたりするかもなぁ・・・。しばらくたって「どうだった?」なんて聞かれかねない。冗談で「私の分も」といったのだととらえるべきか?



今回ドトールから12月1日に発売された「午後の紅茶 ザ ドリップティー ダージリン ディンブラ」は午後ティーとしては初のつけ置き型のドリップタイプ。


「午後の紅茶 おいしい無糖」の使用茶種である「ダージリン」は「紅茶のシャンパン」なんて異名を持つ、グリーンで爽やかな香りと、渋みが特徴です。


また、「セイロン紅茶の女王」こと「ディンブラ」は、「キリン 午後の紅茶 ストレートティー」での使用茶種。女王だけあってバラのような華やかな香りと表現できる上品さが特徴。


二種類が各10個ずつ。飲み比べってのもよいですね。1箱¥1,000くらいになるんですけど、一個買って「気になるあの子」に分けてあげようかな?「じゃ私の分も!」って1箱買ってくれってことか?


当初はネット販売のみで展開し、順次販路を広げるという計画。

午後の紅茶 ザ・ドリップティー ダージリン ディンブラ 20P

新品価格
¥999から
(2016/12/3 07:46時点)




内容量は40g(20袋入)。ダージリン2g×10袋+ディンブラ2g×10袋という形態。


ティーバックとは違うようで、つけ置き型のドリップタイプ。よくコーヒーのドリップタイプがありますが、カパッて広げでお湯を注ぐタイプのようです。


とりあえず、試してみるかな。




posted by 奥手な男 at 08:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

参加ランキング

リンク集