下記のバナーは当サイトを含むランキングページにリンクしています。

ぜひぜひ応援してくださいね!

suponsor

2017年09月25日

残すに至らぬ物語【父親ゴースト@」

【親父ゴースト】

「体育祭」というイベント・・・・自分が学生だったころを思い出す。色分けされた団体で勝敗を競う日。確か、父母は見に来ることはなかったように思うが・・・。


それは高校か?今回のイベントは中学校。朝早くからお弁当の支度をし、「場所取り」ということで、自転車にブルーシートを積んで戦場へ向かう。


すでにシートを張り、大会本部側から埋められている。たまたまあいていた木陰の隙間に持って行ったブルーシートを引き、杭でシートを固定する。4か所も。木槌など持っていないため素手で押し込む。


ねじねじ・・・。ぐいっと。


さすが校庭。数センチ、いや数ミリ入ったところで進まなくなる。角度や場所を変えてみてもそううまく刺さらない。
screenshot_2015-08-06_2306-2.jpg



四苦八苦しながらも風で飛ばないくらいには固定したつもり。二つ隣のシートはびしっと張られている。杭は見事に頭だけを残して刺さっているようだ・・・。「場所取り慣れしている」きっと、そのために生きている親なんだろう。「わが子のためにそこまでしているのだ!」と言ってきそうだが、それは親のエゴではないのか。


どのような形であれ、応援しに来ているところが子供の目に入れば、テンションがあることには違いない。など、少しばかり反抗的なことを考えながら、四隅の杭は4/5以上地上に出たままのブルーシートを「場所取り完了」として、その場を離れようと・・・・。


でも今日は風が強いな。仮にシートがはがれて隣の場所にばさばさなったりでもしたら・・・。すべてがはがれて飛んで行ってしまったら・・・。迷惑をかけるのはいろいろな人だ。飛んで行ったシートを見た人もどうしたらよいか悩んでしまうだろうし、もともと張っていた場所に誰かが知らずにシートを置いたとしたら、それを見ていた人は、気まずくなるだろう。そこへ自分がやってきたとしたら・・・・。


「あれ?俺の場所がとられている?俺のシートは?」


そんなシーンを見てしまう人々は・・・。


悩んだ挙句、ちょっと離れて見張りながら、体育祭スタートまで練習や準備をする子供たちを見ていることにしたのだ。周りにはわが子のスタート前の姿へ熱い視線を送る親たちが何人も集まりだしているので、そのうちの一人として紛れていれるだろうから。


風が強いせいか、肌寒い・・・・。首元から入り込む冷たい空気がおなかを冷やす。(どこかあったかい場所ないかなぁ)


本日、父親として、中学一年の娘を持つ父親として、中学一年の娘を持つ母親の夫として、その成長の記録を肉眼で確認する日。


これが父親だと娘に認識されようと今更ながら姿を現す日。


少し周りに溶け込めない感があると思いながらも動き出したのです。
posted by 奥手な男 at 19:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 己物語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月01日

僕と妻の関係 (序章)

入籍の年、娘が生まれました。今後、話に娘が出てくる事もあると思うので、名前は仮に「ユナ」としておこうと思います。


ユナが中二と言うことで14年目の夫婦生活ということになろうかと思いますが、理想と現実は大きく違い……「そんなもんだ」とみんな言うものの、そんなもんなのか?と疑問に思うことがある。


基本的に会話がない。一言も話さないことは特別じゃないし、挨拶すらない。今ではユナも同じ態度。居ることにすら気がついていないかのような扱い。


それでも必ず、一人きりだとしても欠かさない言葉。


いただきます


食に対する感謝やその身を捧げてくれた動物たちへの思いは一切ないが……とりあえずね。トリコじゃないけとど、「この世の食材に感謝を込めていただきます」
20171001201247022.png20171001201256437.png

朝晩の皿洗い、ごみ捨て、掃除は自分の仕事。役割となってしまったここ数年。それくらいは当たり前の事なのだと世の中の女性は言うだろう。男女関係なしにふり分けるのが正しいのだろう。


必要最低限の連絡事項のみ……いや、家族として必要であろう連絡事項も未伝達の状態。基本はメールで一方通行のやり取り。「了解」「はい」あとは、無視。


質問や反対はメールなだけに打つのが面倒だし、反応が期待できないので諦めるのが常。


思いを正しく伝えられたことはないんじゃないかというのが活字でもあると思っています。むしろこの文章も……


こうなるにもさかのぼれば6年前の出来事が引き金だったと思いながらも、自分的には妊娠がわかってからすでに「アンチ」だったと思う。


もちろんセックス、いわゆる夜の生活、あとはなんと言うのだろう?そういう行為も10年以上ないはず……全くことの手順を忘れてしまったかのように。


まぁ彼女に欲情もしないし、せっかくのDカップが勿体ないと思う。
20171001203112582.png
あのたわわな、そしてやわやわな胸を今は近所の細マッチョがベロベロに「いただきます」も言わずに堪能しているのだろうか……?


逆にそのシチュエーションは興奮する。や、ヤバイ。かなり興奮する‼


しかし、常にユナと行動を共にしているし、何かと忙しそうにしている。そんな暇はないのだろう。僕と違うんだ……


しかしわからないものだ。どうせなら、他のいい男と一緒になってくれた方が彼女たちは幸せなはず……


あのとき以来、切にそう思っている……僕が一人でやっていける自信があるとかないとか関係なしに、彼女たちが僕なしでなんとかやっていける環境を整えてあげられれば、すぐにでも!という気持ちはあるのだろうか?


正直、いいように使われているのだからこのまま僕の実家ごと食いつくそうと言うことだろう。意図せずとも、その血筋によってそうなる運命だと思う。


宿曜での相性の通りだった。


僕が破滅に追いやられる側なのだ……



posted by 奥手な男 at 20:46| Comment(0) | 己物語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月03日

妻になるまで 不本意なきっかけ

入籍のきっかけは、妻の妊娠。実際は妻になる前の妊娠だが……


彼女には覚悟があったようだが、この僕は無自覚、無責任だった。今ユナの活躍する姿を見るとあの時が悔やまれて仕方がない。


そこまでではないが




高校2年の夏、この僕に彼女ができる……いまの妻。クラスでも胸の発育がよくまぁまぁそういうネタになるような娘だった。
20171003010922656.png

彼女は茶道部に所属し、校舎裏のテニスコートの脇にある茶道部の活動小屋で放課後を過ごす。


茶道部と言っても和菓子をつまみながら抹茶をすすり、障子の隙間からお気に入りのテニス部員を眺めるといった活動内容。


学祭で一度お茶をごちそうになったことがあるが、茶碗を回したりセリフをいったりと何やら面倒なお茶だなぁと思った記憶がある。


そこで彼女がお気に入りとして眺めていたのが「僕」だったのだ。


教室では男子としか話をしなかった僕はなかなかに近寄りがたい人と思われていたようだ。それがクールとも受け取れたようで、何かとプラスに作用した女子免疫ゼロの僕と彼女は付き合うこととなる。


付き合うと言っても、一緒に帰る程度で何ら変わらない毎日。よる電話をすることもあったのだが、当時は携帯を持っていた訳じゃなかったので面倒くさかった。


通話料も定額じゃないし……そう思うとよっぽど現代は恵まれた環境なのだと思う。


彼女とのカップル期間中、女子テニス部の後輩に告白を受けたのだが茶道部の彼女の存在を知らないのか?と思いつつ「考えさせて」と最悪な回答をする。


小柄で未成熟な感じが童貞の僕にはちょうどよいと思いキープしようとしていた。


隠れて付き合っていた訳じゃないので、いずれバレてややこしいことになるはずだった。二人の女子を泣かせて怒らせる行為のはずだった……


物は試しと、茶道部の彼女の前に次子テニス部の後輩とキスをした。ある日の帰り道だった。茶道部は、水曜日を休みとしており僕を待たずに友達と遊びにいくと言うことで一人で帰る日。


夕暮れ、堤防、二人だけ、「この前の返事……」言い終える前に「ごめんなさい……彼女がいること知ってたんです。でも、私、先輩に憧れてテニス部入ったんです!好きなんです、やっぱり」


マジか?夕日に照されてか心なし高揚した顔。か、カワイイ……


茶道部の前に女子テニス部と抱き合った。重なった。何度も何度も。お互いに初めてだった行為。


数日開けてはキスと愛撫、そのあとの練習。小さな口いっぱいにくわえる姿は、卒業アルバムに載せたいくらいだった。


その関係は半年ほど続いたが、さすがに茶道部の方ともすることをしなきゃと思い、「お付き合いすることと、初めてを経験し合うことは必ずしも同じ人じゃなくてもいいんだよ」なんて訳のわからないセリフと共に後輩とは険悪にならない程度に気まずく終わった。


ほんとに好きだったんだろう。終わりにした頃から部活でも活躍しだした。一生懸命に汗をかく彼女を見ると、最初は寒がってストーブをつけたまま抱き合い、上下、前後と運動をし汗だくになりながら声を殺して過ごしたあの日々を思い出す。


ある程度の経験を積んでから本命と向かい合うことが出来た。Dカップはやはりビデオで見るより生で触れるのが良い……


女子テニス部の未発達な体は瞬間に忘れてしまった……



posted by 奥手な男 at 00:55| Comment(0) | 己物語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

参加ランキング

リンク集