下記のバナーは当サイトを含むランキングページにリンクしています。

ぜひぜひ応援してくださいね!

suponsor

2016年05月26日

課長スメル|いい匂いが「好き」ってどう捉える?

ここは二階の事務所。営業部と業務部が同じフロアに22人。僕は業務部の課長で、その上は部長がいるのみ。管掌役員として常務取締役がいるわけですが、このフロアには席を置いていない。だからどうしたわけでもないけれども。


業務部としては、自分と部長を除けば3名が同じ島にデスクを並べいてるのですが、隣の島は営業部のセールスアシスタントの女子が2名。シャキッとした綺麗な女子と、ポッチャとしたかわいい女子。一応ほめておく。


まぁ、仕事のできる女子たちでたびたび力を借りながら仕事をしている状態です。昨年度までは自分の部下でもあった女子たちですが、今年度から営業部へ移籍というわけで、座る位置関係は変わらないものの上司が変わったのでした。


その辺の事前情報・・・、実はこの後の話には深く影響しないのです。ある日の営業部のコンパがある日の出来事です。


うちの会社では半年に一度、社長を含めて各チームごとに飲み会があります。と言っても、テーマは仕事にまつわるテーマになるので仕事の内に含まれるんでしょうが、胸襟開いてざっくばらんに思った事などを社長を前に打ち明けられる機会なのです。


問題はこの「コンパ」で発生したわけではなく、そのコンパが実施されるがために営業部が早々に事務所を後にしたときの事でした。


営業マンやセールスアシスタントは、夕方よりコンパがあるという事で、午前中から仕事への集中力が半端なく「毎日こんな働きをすればいいのに」なんて思うようなほど、テキパキ仕事をこなしていました。コンパは19:00〜。開始としては早い方ではないのでしょうが、営業マンなど帰って来てからの業務を端折ることがないようにとずらしたもの。まぁ週末でもある為、翌日の当番以外はいつからいつまで飲んでいようがお構いなしなんでしょう。


そうしたパタパタした営業部の中、なぜか業務部も仕事がはかどっているのです。必要以上に営業部からの突っ込みがないせいか、自分の部下などもコンパに向かう営業部と同じくらいの時間には仕事を切り上げ帰宅するのです。


まぁ、それも良しとする。必要以上に残業されるのは困る事だし。しかし、こんな効率的な仕事が出来るなら毎日してほしいものだよ・・・など思う課長。部下に不満をもつ前に自分の姿も一度見直してみる事が必要なんじゃないかと思う課長。いずれも僕だし。


そんななか、僕の隣のセールスアシスタント、そう綺麗な方ね。居残っている。


「あれ?今日コンパじゃないの?」

「えー今日はここから車で直接向かうんで、ギリギリまでやっていきます」

「明日でいい仕事じゃないの?」

「出来なくもないんですけど・・・明日休みたいし」

「じゃぁなんとか間に合うように終わらせて、ガンガン飲んできて」

「だから車で行くので結局飲まないですけどね」


そんな会話を交わしながら、「ってことは、話してるひまもないよなぁ」なんて感じたので話を切り上げました。すると・・・・


「課長、洗濯って自分でされてるんですか?」

唐突な質問に【選択】かと思い、決断を迫られた場合の判断基準的な振りかと思いながらも「洗濯って洗う方?」なんて聞いてしまいました。


「そうです。奥様が洗うんですか?」

「基本的にはかみさんだね。どうして?」


そう尋ねながら内心「ドキッ」としていました。冷凍庫での作業も伴う仕事の為、ジャンバーはほぼ毎日着用するのですが、このジャンバー・・・かみさんが洗濯を拒むんです。量が増えるから・・・タバコ臭いから・・・汚いから・・・など。


ここ2カ月くらい選択してもらってない・・・さすがに臭くてそれを遠回しに伝える為に洗濯ネタを振ってきたものだと思われる。しかし、その後の展開を考えると、ぜんぜん遠まわしではないような気もする・・・・

「そうですよね、結構仲悪いみたいな事言ってるじゃないですか?でも、それくらいはしてくれるんですよね」


実際仲は悪いもののそれくらいはしてくれる。まぁこのジャンバーの頻度は「してくれる」に分類できるかわからないのですが。


と言うか、先ほどの話の目的が見えない・・・・。洗濯にまつわる部分であれば、汚れやにおい、なかでも【におい】においては心当たりがないわけでもない為、かなり動揺している。ちらっと彼女の方を向くと、まだ聞き足りない、まだ放り込みたいものがあるような顔つきで・・・綺麗だ。やっぱり綺麗だ。


心当たりとは・・・足だ。最近、普通に仕事をしているとあのなんというか、苦い感じの足の臭い人のにおいがしてくる。自分の足からなのか、わからないがふわっと鼻孔をくすぐる瞬間がある。座っているのにだ。


この事務所は、外ばきから履き替えて、各々のスリッパやサンダルで過ごしている場所。そこでのこのにおい。僕の嗅覚は決して良い方ではない(いつも鼻づまりみたいな感じ)と認識もしているのに。


先日、このにおいの元凶が自分でない事を証明しておこうと帰宅後、シャワーに入る前に脱いだ靴下を鼻に近付けてみたのです。


「僕だ!」
ネコヤナギ.jpg

シャワー中も脳裏によみがえる残り香。ショックすぎました。


こうしたにおいにまつわる【心当たり】が隣に席を置く彼女の「洗濯」にまつわるトークによって指摘されるのではないかと内心おびえているのでした。


そうして・・・・・








「柔軟剤なに使ってるんですかね?


「えっ!?」


「すごくいい匂いするんです、朝とか。いい匂いって好きなんでなに使ってるんだろうなぁって」


あなたから「好き」なんて単語を僕に向けてくれるなんて勿体ない!など思いながらも隠しようのない嬉しさが表情に表れていないかと頬のあたりの筋肉を締めながら「えー自分じゃわからないんだけど・・・」なんて照れ隠しっぽくてそれがさらに恥ずかしく感じるコメント。


「確か黒いボトルのやつだったような気がするけど・・・確かに朝着替える時は「あっなんか違う香だ」とか気がつく事あるけど、そんなかおってんの?」


「結構好きな香りをまとって出勤してくるんですよ課長って」


どう捉えようか?これって「私コンパじゃ飲まないですけど、終わった後二人でのみ行きませんか?課長が好きなんです。どうにでもしていいから課長の前ですべてをさらけ出したいんです!」って事なんじゃないかと。


もう少しこの話を引っ張って探ってみようかなぁ・・・なんて気持ちもありながら基本的にこのような「喜ばし」に対して疑いを持ってしまう性格上、逆のパターンも脳裏に浮かぶ。


自分でも認識していたこの”足のにおい”が実は事務所の人たちへ風に乗って香っているのだと。そうしてこの”スメハラ”を改善すべく、女子たちは結託し、本人に「もしご存知なければお伝えしますが、課長の足のにおい風に乗って運ばれてくるんですが」という事を伝えるべく、第一段階として自らそのにおいを発している事に気付いてもらおうとしているのではないかと。


その為に、傷つけることなく気付けるように・・・ダジャレじゃなく、においを気にしてもらうために「柔軟剤の香」を使って自分にまとわりつく香の種類を知らせる。「女子にもてる香りなのか?」と勘違いした課長はクンクンと自分のあらゆるにおいを嗅いでいるうちに「足が事件だ!」と言う事に気づく。


そんな作戦なのでは・・・・そうともとれる。


「きっと高い柔軟剤とか使ってそう・・・」なんて彼女は話を続けている。


「じゃぁ今度洗濯機のところ見てくるよ、実際何やってんのか全然知らないし」


などと、今度教えるよと伝えたところで彼女は立ち上がり、「じゃお先します!」って。話しながらもしっかり手は動かしてたのね。。。。そして、誘ってくれないのね。。。。




翌日、特に柔軟剤が何だったかを問われる事もなく過ぎていく時間。あれは、やはり「課長!足が事件だよ!」を伝える警鐘だったのだろうか?不安感もありながら、昨晩、彼女の肩を抱きながら飲み屋へ入る姿を想像しながら連絡をまっていた自分が、世界一哀れな課長に思えてきた。


夏を迎える・・・入り混じる匂い・・・。


そういえば、総務にいる女の子「私、加齢臭に結構惹かれるんですよ」なんていつぞやの飲み会で発表していたな?口頭だったから”加齢”なのか”カレー”なのか、”惹かれる”なのか”引かれる”なのか、引かれるはないか?そんな癖をもった娘いた。


この時はまったく気にも留めていなかった女子社員だったけど・・・。
ラベル:物語
posted by 奥手な男 at 21:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 己物語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月06日

ダサい男の第星話 「始まり」

うる覚えの夏の大三角。アルタイルとベガ、そしてなんだっけ?君と挑んだひと夏の思い出。いや、君とではない。「君に」挑んだひと夏の思い出。


夏の大三角のもう一つを思い出せないように、その夏の思い出もすべてを思い出すことができない。そもそも夏であったかすら定かではない。しかし、「」に始まった物語だったように記憶している。


screenshot_2015-02-27_2151-1.jpg


空を見上げるのが好きで、ぼんやりとただ時間だけを経過させることはよくあることだった。よく晴れた日だったり、夜空だったり。基本的には夜空が好きだった。太陽の出ている日中は見上げることができないから。


まぶしいとくしゃみが出てしまう。ゆっくりと流れる雲も大好きだが、くしゃみがね。この「まぶしいとくしゃみがでる」症状にも名前があるようで、『染色体上にある優性遺伝子が引き起こす突発性太陽視覚症候群(Autosomal dominant Compelling Helio-Ophthalmic Outburst syndrome)』というらしい。コンパクトにまとめきれなかったこの病名。病気とも違うのかもしれないが、実に4人に1人がこの症状を持っているという。


ちなみに、長ったらしい名前の頭文字をとって「ACHOO(ハクション!)」というらしい。しかしホントかいな?


そんな非常にもったいない時間の使い方のようにも思えるが、現実逃避は重要な行動でもあった。見上げる夜空は、日々のストレスから自分を解放してくれ、悩みも怒りも苦しみもそして楽しみまでも吸い込んですべての思考を無意味なものにしてくれる。


きらきらと瞬く星にはいろんな色があって、黄色や緑、赤や青、光の点でありながら見え方がまちまち。よく人の性格や特性などを重ね合わせて星空を語るようなことを思い出すが、もっと複雑で面倒なのが人間だろう。星ほど神秘的でありながらシンプルなものはないようにも感じる。


また今日もこうしてその場限りの星空への思いをはせながら、時間が過ぎる事へのなに一つの抵抗なしに過ごしていたのに、突然に現実に戻された。現実?信じがたい現実。予期していない現実。


ここは会社近くの公園。夜にはほとんど人通りもなく、日中もそんな人の来る公園ではないのだが、遊具などもなく、ただベンチが入り口付近と奥のほうに二つ。くずかごが一つあるような公園。


奥のほうのベンチでいつも過ごす夜の時間。22:00頃だったろうか?家に着いたのが23:00だから、あれこれあったとして逆算してのおおよその時間。動転していていつもより早くついてしまったのかわからないが、たぶん。


なにげなーく、後ろにもたげた首を左へ傾けた時に全身にざわっと鳥肌が思わず

おふっ!

って声が漏れる。非常にリラックスした何も頭に入っていない状態でありながら、人間の本能か?びっくりするということは危険を感じたのだろうか?暗闇の中、公園入り口側のベンチに「黒いシルエット」。発光体でなかっただけ「矢追純一モード」に入らずに済んだのだが、いつも一人で過ごしているこの環境、夜中、突然の影にビビる。


向こうに思わず漏れた声が聞こえたかどうかが不安になる。身をすくめるもなく、自分に気づかれないように身が固まる。入り口側のベンチなだけに、ほぼほぼ自分の姿は視界に入っているはずだろう。それでも闇夜に溶け込もうと息を殺す。息は殺しても自分は殺さない。そんな自分の現実に戻された思考


(女子?だったら「どうしたんですか?」なんて声をかけるべきか?公園から出ようとしたらあの影に近づかなければいけないし。男子だったら・・・とりあえずいつでも反撃できるよう構えて近づく必要があるな。人間以外だった場合、対処がわからない。自分自身のとっさの判断にゆだねよう)


どれくらいの時間をそんな危機対応に頭を使ったのかわからないが、いつもと違うこの状況を少々ワクワクしつつ後ろにもたげた首を静かにあげた。変な姿勢だったためか首の付け根が熱くなっている。これからバトルにならないとも言い切れない状況なのに、急所である首筋の筋肉を酷使してしまった事に若干の後悔をしながら、頭の中で整理した危機対応マニュアルの通りに行動を開始するのだった。





続きを読んでみる・・・

posted by 奥手な男 at 08:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 己物語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月08日

ダサい男の第星話 「始動」


←前回の話し

「危機管理」とは「万が一に備える」と言うように考えても良いと思う。HACCPやISOなどでは「危害分析」からどのポイントを管理すればよいのか?と言う点を明確にし、それぞれに管理方法を設定する。その管理手段が効果的であるか?などの評価・検証を実施する事も重要な事としている。


これから行われようとしている事は、そこまでの話ではない。さっき作成され、頭の中にしかない「危機管理マニュアル」は「万が一」が訪れた時、それどころではなくなってしまうだろう。ほんの数分、いやもっと短かっただろうか?そんな瞬間的な思いつきでは、どこまでの事を想定できたのだろうか?


どれくらいの間ベンチに腰かけていたのか?立ち上がろうと体を動かしだす。すると関節の各部位がびっくりしたのだろう?意識とはワンテンポ遅れて動き出したような感覚。それだけ、脳みそだけに神経を集中させてこれから起こる事をあれこれ想定していたのだろう。シミュレーションだ。


ちなみに「シミュレーション」という言葉、会話でも文章でも、もはやニュアンスで理解できてしまうが、間違っている事が多々ある。英語で書くと"simulation"であり、カタカナ表記では「シミュレーション」の方が本来の発音に近い。というか、こちらが正解と言える。


シミュレーション・・・○
シュミレーション・・・×



声に出して言ってみよう。普段どちらを使っているだろうか?発音するとき、シュミレーションのほうが言いやすいのではないでしょうか?そのため、そのまま間違いが浸透してしまったのではないだろうか?


しかし、論文やプレゼンなどでそのまま使用していては「この人ったら脳のみそが赤いのか?」なんて思われてしまうかもしれない。少なくとも基本的に「みそ」白味噌派の方々からは失笑されたり言語力を疑われたりと赤っ恥を書かされるかもしれない。


パソコンなどで打ってみると間違いを指摘したりしてくれるものもあったり、「趣味レーション」とうまく変換されなかったりと気付くチャンスはいくつかある。


しかし、強引にもカタカナ変換をさせ、そのような教育をソフトにしてしまうと、使う側とマシン側の両方とも馬鹿のままで一生を終えてしまう事になる。”ヒューマンエラー”とも言えるだろうか?


シミュレーションは「趣味」じゃない!と覚えればよいだろう。まさに趣味の範囲でなく、最悪生死を揺るがす事になるやもしれぬと本気で考えたのだ。だからこそ体の各部位への情報伝達が意志よりも遅れたのだと思う。


そうして、脇に置いたバックを持ち、もちろん左手にだ、ベンチから立ち上がる。さっきまで見上げていた夜空にほんの少し近づいた。気がした。そしてその影に向かって歩き出す。

screenshot_2015-08-06_2254-1.jpg


影に向かうつもりはないが、出口へ向かおうとすると止むを得ずそうなるのだ。反対側は大きな側溝。フェンスが立てられている。


そこで気がつく!


「人だ!」


実際は声に出していない。心の声だ。先ほどのマニュアルでの「人間以外であった場合」にとるべき対応としての「自分自身のとっさの判断にゆだねる」は発動されずに済みそうだ。


しかし、そこで浅はかだった自分に気がつく。


人間の形をした「人間以外」だった場合はどうすればよいのだ?


いまさらベンチに戻るのも挙動不審であるし、かといってここで立ち止まるのも、その影に警戒心を持たせてしまうような気がする。


クールに決めたいところだが、叫んで逃げたいどころじゃなくビビってきた。


そして


「あぁ・・・かちょう・・・」


女性っぽい女性の声が聞こえた気がする。その影からなのか別の場所なのか?一瞬戸惑ったがその影からの声であると思い次の声、または動きを待った。いろいろな思考をしていながらも実は歩みは止まっておらず、ほぼ影の前まで来ていた自分が「その声」でようやく立ち止まった事に気がついた。


よく見ると、その影はベンチにうなだれてパーカーのフードをかぶり、個人的には自分がしたいファッションであるデカダンな風貌の女性だった。いや声だけであり、この時点では決めつけられないはずなのだが、自分の事だけにネタばれしており女性だった。


次の声は自分が出すことになる・・・・





次のお話 →

posted by 奥手な男 at 21:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 己物語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

参加ランキング

リンク集