下記のバナーは当サイトを含むランキングページにリンクしています。

ぜひぜひ応援してくださいね!

suponsor

2016年05月30日

怪異!あのこに伝播させるんだ。俺の物語スタート

よーし。紅茶には関係ないが今日は仕掛けてみよう。


紅茶で始まった気になるDカップ・・・いやいや「気になるあの子」へ「本を貸す」という行為。


以前、神様に願い!?だかなんだかを借りた事があったので、その仕返しだ。コスプレ好きとあって彼女、きっと同人誌のネタにされるようなアニメなんかが好きなんだろう。


そう、今回用意したのは「化物語(ばけものがたり)」。すっかりはまってしまったのです。


紅茶に関係するか?と言えばしない!いや、どこかで「ダージリン」という単語だけは出てきたはずだ。飲み物で出てきたのは・・・コーヒーだったな。忍と暦がミスドでコーヒーを飲むシーン。そこでばったり・・・あっ、ネタばれになるので控えておこう。


化物語にはまったのは・・・スロットの台で知ったのでした。まさか小説だとはね。基本的に、エバもアクエリオンも、モンキーターンまでもスロットの為の話だと思っていたくらいですから。基本的には、漫画があってそれが台になったんですね。


だから、主要なシーンやセリフ、その辺が予備知識として埋め込まれている中での小説だったので、結構サクサク、イメージもわいておもしろかったです。逆に場面についてはそれ以上の想像が出来なかったという点もありましたがね。


それでも、ストーリーのすべてを知っていたわけでもなく、「えっ!そうなの?」「だからこうなんだぁ」なんて場面もありました。スロットから始まり、ユーチューブとかでいくらかしってから入るのが良いのか悪いのか?まずドハマリしてはいます。


始めてです、400ページの小説を一日で読み切ってしまうなんて。裏を返せば、そこまでの時間を取れた事も初めてなんですけど。「取れた」と言うのか「作った」ですね。暇があればスロットか妄想か仕事。そんな生活でしたから。


化物語は「物語シリーズ」としてたくさん出ています。とりあえずファーストシーズンって事での「化物語(上)(下)」「偽物語(上)(下)」を読破。時系列でいえば「化物語」の前日談となる「傷物語」があるようですが、もう資金がなく当面購入できなそう・・・。


一冊¥1,500くらい?そんな本、普通に考えたらマジで高い!まぁおもしろかったけど。自分と他人とでは「おもしろい」って感じるポイントも違うとは思うけれども、お勧めしたい!あの子へ。


たぶん読んでるうちに声に出して笑うだろう。登場人物間の会話が楽しい。誤解を恐れずに言えば、7割ふざけた会話。巻が進むにつれて。


いやいや、ちゃんと物語も進行しますよ。そのおふざけの中に伏線が含まれていたりしてね。


僕はすぐその気になってしまうので、なんでも「怪異」のせいにしちゃったり・・・。


具体的な内容はご紹介控えますが、なんとなく男子が好きな女性像ってのがそれぞれのキャラクターで網羅されているんじゃないのかって感じの登場人物です。基本萌えってるような。


興味あればみなさんも。10年も前の小説ですが、今なおファンは多いみたいですね。自分のように。


あの子にハマるか、ハメるか?



posted by 奥手な男 at 09:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/438422516
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

参加ランキング

リンク集