下記のバナーは当サイトを含むランキングページにリンクしています。

ぜひぜひ応援してくださいね!

suponsor

2016年04月02日

自己嫌悪。。(  )ノ_...オエェ...

今日は彼女と朝、話ができた。


最近はもっぱら紅茶の話しかしていない。「カモミール」それくらい知っているが、何味なの?なんて話から小袋のティーバッグを差し出す。


本当は手に触れたかった…マジっす!


ゲスでもクズでもいい


ほんの一瞬だけでも優越感に浸りたい、そんな気持ちなのか…


紅茶の話になると真面目な顔になり、時に嬉しそうに話す。素敵な人だと思う。

DSC_1390-1.jpg

第七話

ちょうど1年が経過する頃、する頃なのに、目で追うのは彼女の面影を彷彿とさせる「姿」「仕草」「香り」。


人生軽んじている感覚、なんとかなってきた経験が、世の厳しさを理解する事を拒んでいるようだ。


無理だと思っているときの言葉「もう一度だけ」


悔しすぎて憎むしか出来ない。


誰一人として幸せな時間を作り出してあげられない自分。そういうものではないのかもしれないが、そう思うこと自体が利己的である証拠なのだと…


「分かっているのに変わろうとしない」


二度も違う人間に…


「方法が分からんのだ」


そこまで考え抜いたこともなく、惰性で生きてきた。


中身がないだけに、ひねくれた性格にも深みがない。


本能と煩悩


誘うも誘われるも、その本心が気になって仕方がない。スゲーめんどくさい自分がたまにいる。


腹から笑ったベッドの上。あの一瞬が最高だった瞬間。


そんなもんじゃねーのに


回りにホンネを言える人がいない、ホンネを言えない、真っ直ぐに。


ブログを始めるきっかけ、何か吐き出したらいいことあるかなって


結局自分に言ってやる




「あめーよ
Iオエーっ!




posted by 奥手な男 at 08:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 恋のTeaBags | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

参加ランキング

リンク集