下記のバナーは当サイトを含むランキングページにリンクしています。

ぜひぜひ応援してくださいね!

suponsor

2015年08月25日

2確でしょ?気になるあの子からの「プレゼント」

これは罠か・・・。今日は大変な事が起きました。


事務所にたまる伝票など、少し離れた保管場所としているところへ運んだんです。もちろん若い奴らに手伝わせて。その後、ちょっと整理するのに残って一人でごそごそやってたら・・・・。彼女が現れました。


「はい!課長、あげるっ!」


手渡されたのは、ルピシアの「ほうじ茶」。ふつう茶じゃん。


通販で購入して、サンプルでまたもらったんだそうです。まさか、ポケットにずっと入れてたのかなぁ・・・押さえきれない衝動を我慢して「おうぉ、ありがとう!ほうじ茶って得意なんだよねっ」何が得意かわからない・・・。


しかし、「あげるっ」「あげるっ!」あの言い方、クセになりそう。


ちょっとウキウキで整理を再開しました。熱い中、ダンボールに囲まれての作業はまさに地獄。終わったらジュースでも買いたいが「金がない」。仕方なしにOCSのホットコーヒーでも汲んで飲もうか、、、、などと考えながらセコセコやっていたら、かすかに聞こえた。


「はい、これ」


なんだ?と思って声のするほうを振り返ると「気になるあの子」光臨
screenshot_2015-08-06_2315_1-1.jpg


手には「午後の紅茶TheRICH ひんやり水出しミント ミルクティー」これだよ。少し前の会話の中で出てきたミントミルクティー。僕はコンビニめぐりをして見つけられなかった伝説のミルクティー。
DSC_1297-1.jpg

いや、ミルクティーが伝説なのではなく、「そんな話で盛り上がった時間」が伝説で、もう起き得ないと思っていたミントミルクティー話。「すっごいミントだから!」「コンビニにはないって・・・」とか言いながら僕にくれた。そこには、僕ら二人だけ。


のどが渇いていたところでもあり、2段階による彼女の攻撃に僕はすっかりやられてしまいそう・・・。あくまでも「しまいそう」。いつから仕込んでいたんだろう?絶対に僕との時間を、プレゼントする瞬間を待っていたに違いない。


ボトルに水滴が浮いて流れ落ちている、ぬるくなる前にお試しあれ。ストローをズボッ!そしてチュー。


えぇぇぇ!おいしい。ほんとにミント。濃厚なミント。チョコミントアイスを食べたときのようなミント感。さっぱりが良い。二口くらい飲んだ後、その余韻に浸っていると喉のミントの感じが清々しい。


良く見ると「夏限定」とも書いている。イオンで手に入れたと以前言っていたのですが、今回もそこで購入したのだそうです。


彼女の去り際、後ろ斜めから見る彼女の「耳の辺りから首もと」が微かに赤らんでいるように見えた。


ちょっとちょっとこれって、絶対に・・・絶対・・・そうだよ!ちがう?


罠だろうか?もう痛い目は見ないと誓ったはず。透き通った目ん玉ほど信用できないものは無い。それでも素敵な彼女。この気持ちはなんでもないはず。自分にそう言い聞かせています。
screenshot_2015-07-09_0042-1.jpg
posted by 奥手な男 at 20:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

参加ランキング

リンク集