下記のバナーは当サイトを含むランキングページにリンクしています。

ぜひぜひ応援してくださいね!

suponsor

2015年06月07日

ダサい男の「第二話」

人は様々な場面で「判断」していかなければならないのですが、その判断基準として

「損得ではなく、善悪を判断基準とする

というフィロソフィーがあります。これは、決して「自分だけがよければ良い」と考えないこと、そのような気持ちでいると結果、自分に跳ね返ってくるし、間違った方向に向かないためにも大切な判断基準として意識しなければいけないのだという教えです。

でも、善悪を履き違えてしまっては…良い結果を残すことは出来ないですよね。置かれた状況が、判断基準だけでなく根本の考え方にまで影響することだってあるのだと思います。


◆天使と悪魔◆



ある日、食事に誘われました。きっかけはなんだったか?仕事を休む休まないの連絡にショートメールを使っていましたが、ちょっとした相談事とか言って、こちらからアドレスを伝えたのがきっかけかな?

「大した経験値じゃ無いけど、課長相談室です」  

プププっ!バカっぽいですね!なんか、そのお礼に食事に行きたいって。そして食事にいくんです。決してこういった流れに慣れているわけではなかったので、まずい飯も気にならない位に緊張していました。

「実は・・・」って、本題の相談事へ・・・


「浮気ってどう思いますか?」

「チーズタルトのチーズだけ食べてタルトを捨てる贅沢なことだと思う」

食後の珈琲を飲みながら答えました。格好つけたつもりなんだろうけど、今思い出すとダサすぎる

「したことありますか?」

「何?するやつの心情が知りたいの?旦那か?」

素直に答えず、色々経験してます感を出す自分にムカつきますね。どうやら、自分は旦那が初めての人なので、もうそういった肉体的な関係が彼以外と出来ないという所に、寂しさを感じているようでした。一方、彼は疑いの晴れない男で、夜の生活も数年ないとか。

そもそも、同じ職場で既婚者だった彼女の旦那は、部下だった彼女と浮気をしてしまうんです。彼女は初めての男性という事もあり、公私共に彼のものとなってしまい・・・・妊娠してしまうんです。

彼は元妻と離婚。そして彼女と再婚をする。そんな流れでした。

(こいつ本気か?何が目的だ?こうやって誰とでも?)

ここまで話してくれるって事は、信用されていたんでしょうね。他にも仕事のことや様々ありましたが、相手の真意と最悪のシナリオ時のリスク回避の事で頭が一杯でした。

そんな中、自分の中で天使と悪魔が戦争を起こしていました。

悪魔
「ほぼ確定!そのまま連れて帰れ。お前これ逃したらもう無いぞ。かみさんより胸デカイし。旦那が悪いんだ。寝とるんだよ」

天使
「自分の欲を抑えなさい。彼女のことを考えなさい!彼女の求めているものは何か?それに素直に応えるのです。そう、いってらっしゃい。自分の欲じゃない、彼女の欲を、その隙間を満たしてあげなさい」

動機付けにもめる天使と悪魔は、最終目的が同じことに気が付き同盟を組みました。

つれてこうか、10-FEET その向こうへ ムード 


食事の会計を彼女が済ませる。もちろん、ここは自分の出す場面だ。そこまで出すと言うのは、俺との時間を買った?後腐れなく?まぁこうする事で、次が生まれる。

近くの公園の駐車場。彼女がガムをくれた・・・。なるほどね。

そして、しばらくしてから、沈黙を彼女が破りました。

「ずっと好きでした」

ドラマか?実はタイプ過ぎる彼女にドキドキしないわけがない。勇気を出して告白したことに感謝をし、立場上感情はない事を伝えた。

「でも常識ある大人じゃないからね俺」

そう言って彼女に触れました。ビクンっと反応する彼女・・・

カワイイ!

「今日はご馳走さま、次もあるからね、借りっぱなしじゃ気が済まないんで」

「Yちゃんの気持ちすごくうれしいよ。独身だったら絶対つれて帰るよ(笑)」

結構最低なやつか?俺?

そして、目を閉じさせて軽くキスをしました。



久々の感触と彼女の反応。



ドクロ危険ドラッグドクロですね。


免疫のないもの同士、いや隠れた
「恋の黒帯ーrhyme star」か?


その日はそこまでにし帰宅しました。時刻は午前3時を回っていました。
bet.jpg

寝付くことができませんでした。



翌日が全社会議でしたから・・・
タグ:既婚者の恋
posted by 奥手な男 at 08:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 恋のTeaBags | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/419685317

この記事へのトラックバック

参加ランキング

リンク集