下記のバナーは当サイトを含むランキングページにリンクしています。

ぜひぜひ応援してくださいね!

suponsor

2019年11月18日

覚えたてのインスタ事件にも動じない

かわいいかわいい部下から教わり、最近「ストーリーズ」に文字も入れられるようになったインスタグラム。


まったく面白さがわからなかったはずなのに、、、、部下に「いいね!」されると、なんだか、、、、いいね。


さみしさの分散か?慰め合いか?そんな感じがしないでもないが、悪くないか。。。。。


と言ったところで大事件!


いや、俺的に。


インスタで通知が!誰だこいつ?


事務所、自分の机、たまたま手に取ったスマホを見て「おほっ!」いっちゃうでしょ。前に座っていたかわいいかわいい部下が反応。ほほぉう、敏感なんだなキミは、、



そこにいた部下とよく遊ぶ経理の子。そう、こいつら二人つるむといまどき女子前回の二人。そいつが、ニヤニヤ。


「なにかあったんですか?」

「いや、なんでもない。急に変な声出してごめん」

「えっ?絶対なんかありましたよね。フフフっ!」


こいつか?俺をフォローしようとしているのは。俺は知っている、フォローの前に「承認」「却下」がこちらで選択できることを!ボールはこっち側だ。どうしようと俺の判断。

「さぁ、、、どうされたいんだ?」ねっとりとした声でうっかりイッて言ってしまいそうだった。


「そういう事か。えー却下したら怒ります?」


「課長!ひどい。許可してください!」


「いや、全部見えちゃうよ。こう見えても休みの日はインスタからプロファイルするのが趣味ですから」


最近始めたくせにちょっと知ったふりしちゃう。部下の彼氏も見つけたし。


「えー良いですよ。ウラアカですし投稿ないですもん」


・・・・片仮名の部分はよくわからないが、投稿無い?閲覧だけか?覗かれるのは、、、俺だけ、、、


あっ!さっきまでボールを手にしていたはずの課長は、見事にひっくり返された気分。まさに手のひらで転がされた?


まぁこうして20代前半に弄ばれるのも悪くなかろう。俺は大人だ。いざという時はビシャビチャにしてやれば良いだけの話。


多少の遊ばれ感も許せる大の人、、、大人な自分に今日は満足して眠りにつこう。。。
posted by 奥手な男 at 20:21| Comment(0) | 己物語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月14日

部下との距離が近くなった

どうやらのどなたかがご結婚を発表したとか。


相手の元カレがどうだとか、お相手にもう飽きたとかなんか、言葉の断片でしか聞いていないがお熱い話題でなにより。


東北は今にも雪が降りそうだと言うのに・・・


元祖気になるあの子は長期で有給中。なんか持病の手術とか言っていたなぁ。


お見舞いに行くにもどこの病院か聞いていない。多少は後悔しつつ、病院が舞台のAV鑑賞をしている今日この頃、いかがお過ごしなんでしょう。


先日、お付き合いしている人が存在する事が確定した部下の女の子。最近パーソナルスペースへの侵入が気になる。


男子への抵抗力がついたという訳じゃないだろう。結構簡単に男子との食事に出掛けるようだし。


この前残業で二人きりになり、そろそろ帰ろうと促して片付けをしているときの会話で、なかなか胸襟開いたトークをした。


むしろ胸元を開いてボディーでトークをしたいくらいだったのだが、翌日が長丁場が予想される会議だったので、体力が惜しく諦めた。


そこで展示会でライン交換したメーカーの若い担当者と食事にいった話を聞いた。あなたの彼と俺はお知り合いなんだけど・・・


「お食事」と言っていたので決して「汚職事」ではないことを祈っているが、怪訝そうな表情に気づいたのか


「どこからが浮気か?って聞いたり考えたりすること事態間違ってますよね?確認するって事はその前まではするよって言うことじゃないですか?だからダメなんですよね」


んーっと、よくわからなかったけれども、


「まぁね、バレなければ本人の気持ち次第だろうからいいんじゃない」


と、逆にいろんな人といろんな体位で、いろんな場所でチョメチョメしたよって教えてくれるよう、伝えずに思った。


しかし、仕事上でパートナーとなる人と暇なときの下半身パートナーとなるのはいろいろ面倒なことにならなきゃいいが・・・


と、勝手に妄想を膨らませた時間でした。
posted by 奥手な男 at 22:43| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

参加ランキング

リンク集
テレビ番組で大反響!大幅減量ダイエット
テレビ番組でエルセーヌの技術力を証明!
ダイエット番組でエルセーヌが大幅減量をサポートしました。